玉名駅 月極駐車場

ハワイの駐車場

いまや海外旅行に行って、レンタカーを借り気ままに観光するのも当たり前になってきましたが、
初めてレンタカーを利用するには知識が必要です。

 

ハワイ

その中でも、特に気になるのが駐車場の利用方法です。日本人に一番人気のハワイについて

知識を広めておきましょう。

 

基本的なことは日本との違いは少ないのですが、当然のこと案内表示、係員との会話は英語に
なりますから、出発前にはある程度のことは調べておくと現地で頭を抱えることもないでしょう。

 

 

ハワイで言えることは、日本に比べ駐車違反の取り締まりは厳しいです。
駐車は必ずパーキングメーター設置場所か有料駐車場を利用することです。

 

日本のようにスーパーマーケットやレストラン、ショッピングセンターには無料駐車場が
設置されていますが、メインストリートのワイキキエリアは、ほぼ有料駐車場しかありません。
店舗やレストランには、駐車料金が割引になるバリデーション制度があり、高級なホテルや
レストランには、駐車係りが車の出し入れをするバレーパーキングといわれるシステムです。

 

 

一般的なパーキングメーターについて

 

市街地で駐車する場合は、短時間でもパーキングメーターが設置されている場所に行きます。
ワイキキ周辺や、ダウンタウンなどの道路沿いなどに設置されていて、使用できるコインは、25セント、10セント、5セントの
3硬貨です。

 

タイムアップすると、すぐに駐車違反の切符を切られてしいますので、コインを多目に投入することをおすすめします。
場所によっては、駐車する時間が制限されたメーターもあります。
バリデーション

 

 

ショッピングセンターの駐車場事情

 

日本のショッピングセンターもそうですが、ワイキキにあるショッピングセンター、ホテルそれにレストランでも、
その施設を利用すれば駐車料金が割引されるか、無料になります。

 

駐車券を利用した施設側に提示し、駐車券にスタンプかシールを貼ってもらい、出庫時に駐車場の係員に渡して
精算します。

 

ワイキキの中央部にあるロイヤル・ハワイアン・センターでは、駐車場の割引キャンペーンがあるので便利です。
ショッピングや食事の金額に関係なく、最初の1時間は無料になります。以降1時間につき1ドルチャージされます。

 

高級なホテルやレストランに多いのが、前述した駐車場の係員が車の出し入れをするバレーパーキングです。
映画のシーンにもあるように、エントランスに車を止め、カギが付いたまま車を降り、駐車係りから駐車チケットを
受け取ります。帰りはその駐車チケットを駐車係り渡すと駐車係りが車をエントランスまで回送してくれます。

 

乗車する際には、ドアの開閉をしてくれるので、2〜5ドルのチップを渡しましょう。駐車料金は無料だったり、
有料(バリデーション)だったりします。

 

 

宿泊ホテルでのバレーパーキング、セルフパーキング

 

ハワイでもホノルルの超高級ホテル、ザ・カハラとなれば宿泊者駐車料金はバレー、セルフともに1日25ドルもします。

 

観光地では、レンタカーの費用以外に腹積もりしておく必要があるのがホテルの駐車場料金です。

 

ワイキキの中級〜高級ホテルは、宿泊料金以外にバレーパーキングで1日25〜30ドルほどかかります。
自分で入出庫するセルフパーキングが1日20〜25ドルほどです。

 

エコノミーランクのホテルでは、ほぼセルフパーキングになり、1日15〜20ドルのようです。オアフ島以外のハワイ島、
マウイ島などでは、一部の高級ホテルを除けば、大方無料です。

 

以上、簡単な説明でしたが、レンタカーを上手に利用すれば観光の幅も広くなり楽しみも倍増することでしょう。

 

トップページ